MENU

R15のホラー映画「アンボーン」の感想 ※ネタバレ注意

怖いとわかっていても観たくなるホラー映画、びびりながらも観てしまいました。

2009年作のどうやら日本では劇場未公開の映画のようですね、、、

 


 

こんな人は観ない方が良いかも

  • 虫が苦手
  • パニックホラーが苦手
  • グロいのが苦手
  • 心臓の弱い方
  • フラッシュ描写が苦手

 

 

以下ネタバレ注意で閲覧ください

 

 

 

 

あらすじ ネタバレ注意

主人公のケイシーは公園をランニング中にお面を見つける。そしてその下の地面には瓶に入った赤ちゃん。赤ちゃんの目が開いた瞬間、ケイシーは目を覚ます。

 

それ以来、ケイシーの瞳は変色し始め、医師から双子の遺伝に関係する病気の可能性があることを告げられる。

そしてケイシーは父から、母親の胎内で死亡した双子の弟がいたことを聞かされる。

 

彼女の身の回りでは不吉な出来事が起き始める。

ケイシーは友人のロミーや恋人のマークと共に母の遺品の手がかりから、ソフィーという老婆を訪ねる。

 

ソフィーはケイシーの双子の弟は悪霊に殺されたこと、彼女とその周りの人々にも危険が及んでいることを伝える。

 

ソフィーにも双子の兄弟がおり、アウシュビッツに収容されていた頃に双子の研究で悪霊を兄弟に奪われてしまっていた。その延長で悪霊がケイシーの弟を殺し、ケイシーまでも殺そうとしている。

 

悪魔払いをし、悪霊を退治してほしいとメッセージを残し、、、

 

 

 

感想 ネタバレ注意

うーん、怖いと言えば怖い。よくあるホラー系映画の描写盛りだくさん!

不吉なことが起こり始めた時はオケラがわらわら出てきたり、人の体が折れ曲がっていたり、友人は刺し殺されるし取り憑かれるしけど何もなかったし、ソフィーはよくわからんけど幻影(取り憑かれてたおじいさん生きてたはず)に殺されるし、、、

 

アウシュビッツ時代からの悪霊の呪いって、、、

悪魔払いの儀式のメンツもなんだかあっけなく散ったり、悪霊はずっとソフィーの兄弟の男の子の格好のままだったから、その子が悪の根源みたいになってる、、、

 

最終的には恋人も死んでしまう、、、

そしてケイシーは妊娠が発覚し、双子の赤ちゃんが、、、

エンドレスパターンでした、、、

 

仕掛けは面白いんだけどストーリーとしては個人的には何というか、、、

 

 

 

 

wokinng-for-future.hatenablog.com